業界関連ニュース

    スカパーJSAT運営「WAKUWAKU JAPAN」、インドネシアで新たに4つのPFで放送開始

    2014-05-29

    スカパーJSAT(株)(東京・港区、高田真治社長)は、インドネシアで放送中の「WAKUWAKU JAPAN」のチャンネル提供先を拡大し、6月1日から新たに4つの有料放送サービスで本放送を開始した。

    同チャンネルは、日本コンテンツを24時間、現地の言葉で放送するチャンネルで、今年2月22日にインドネシアで放送を開始した。インドネシア国内では、衛星放送サービス「INDOVISION」と「Okevition」で放送してきたが、6月1日からは、衛星放送サービス「BiGTV」、ケーブルテレビ「First Media」、衛星放送サービス「Orange TV」、衛星放送およびケーブルテレビサービス「Transvision」」で本放送を開始した。同社の推計によると、これで視聴可能世帯数は約250万世帯に到達する。

    同チャンネルは、今回の放送プラットフォーム拡大とあわせて、JKT48が出演する新CMをインドネシア国内で放送し、プロモーションを実施する。なお、6月1日からミャンマーでの放送も開始した。

  • ▲ページTOPへ