• NEWS
  • CS広告とは
  • 各局データ
  • 広告事例

TOPICS

一覧を見る

  • 資料請求はこちら
    ※冊子をご希望の方は、CAB-J事務局にご連絡ください

CS/BSペイテレビ広告とは

CS放送は200以上ものチャンネルがあり、そのほとんどが有料放送であります。またBS放送でも数多くの有料放送が行われております。
CS/BSペイテレビは、ペイテレビ、専門チャンネルとも呼ばれ、現在、日本の総世帯数の20%強の1,078万世帯(2014年6月末現在)に普及しています。
映像のハイビジョン(HD)化もすでに多くのチャンネルが対応しており、高画質映像を楽しむことができます。

現在、68チャンネルがCAB-Jに加盟し、CS/BSペイテレビの認知度向上と普及に努めています。

CS/BSペイテレビ広告の特徴と可能性

CS/BSペイテレビの特徴は何と言っても、各チャンネルが映画・ドラマ・音楽・スポーツなどのジャンルに特化した専門性を有していることであり、各チャンネルが、
はっきりとした視聴者属性を持つという『メディア特性』を有しています。 そのため、CS/BSペイテレビは、チャンネルロイヤルティの高い能動的な視聴者層、全国各地の富裕層、情報発信力を備えた感度の高い人たちに親しまれております。CS/BSペイテレビは、衛星多チャンネル放送サービスのスカパー!や全国各地のケーブルテレビ、IPTV等を通じて日本全国へ広くリーチしています。
また、CS/BSペイテレビ放送は、柔軟性のある編成と番組、CM制作機能を有し、親和性の高いオリジナル番組とCMのコラボレーション、
そして地上波では難しい長尺CMの放送にも対応しています。 CM以外でも、イベント連動企画、ソーシャルメディアとの連動事例、
CM映像の他メディアへの二次利用など、大きな可能性を秘めたメディアであるということができます。
このようにCS/BSペイテレビ広告は“優良”メディアなのです。

CS/BSペイテレビの詳細を以下からご覧いただけます。

CS/BSペイテレビの基礎解説

CS/BSペイテレビは、一つ先行くメディアです

CS/BSペイテレビとは、その名称通り「料金を支払って視聴する、CSおよびBSテレビ放送の総称」です。CSはCommunicationSatellite(通信衛星)、BSはBroadcastingSatellite(放送衛星)の略で、現在CS3機(JCSAT)、 BS1機(BSAT)の計4機の衛星を使って、合計240チャンネル程度が放送されています。

いうまでもなく、地上波(地デジ)や無料の民放系BSデジタル放送とは異なるものです(NHKは受信料を支払って視聴しますが、ここではペイテレビのカテゴリーに属さないものとします)。2011年に開始されたBSでの有料放送(約20チャンネル)は、その大半がCSデジタル放送事業者による専門チャンネルのため、それらを含めて「CS/BSペイテレビ」と総称されるようになりました。
「衛星テレビ広告協議会(以下CAB-J)」は、これらCS/BSペイテレビの広告価値向上と利用促進等を目的に活動しており、当初は有料CS放送のチャンネルのみで構成されていましたが、2011年以降に開始された有料BS放送のチャンネルが加わり、現在67チャンネルで構成されています。
CS/BSペイテレビはスカパー!(DTH)やケーブルテレビ、IPTV等で視聴でき、現在、日本の総世帯数の25.9%に当たる1,346万世帯(2016年6月末現在)に普及しています(P6参照)。
有料放送で専門性の高いチャンネルが多いことから、各チャンネルの視聴者ターゲットが明確で、富裕層に支持され、能動的な視聴者が多いのが特長です。

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CSアナログ放送からデジタル放送へ SDからHD、そして4K、HDRへ

CSテレビの種類と視聴方法

CSペイテレビは、1989年にCSを利用してケーブルテレビ向けに専門チャンネルを配信したのが、 その始まりです。
その後、1992年にCSアナログ放送が開始、1996年からはMPEG2方式で日本初のCSデジタル放送「パーフェクTV!」(スカパー!の前身)が始まりました。
当初はSD(標準画質)でしたが、2008年からはHD(高精細度)による「スカパー!HD」がスタート。 2012年10月からはH.264方式を採用してさらにデジタル圧縮効率を上げ、HD化・多チャンネル化を進めてきました。

そして2014年5月末をもってMPEG2によるSDの多チャンネル放送が終了し、その空いた帯域で、同年6月から、HDの約4倍高画質である4K(*1)の試験放送「Channel4K」(放送主体:次世代放送推進フォーラム(NexTV-F))が始まりました。この試験放送を経て、2015年3月1日にはスカパー!プレミアムサービスで2つの4Kチャンネル「スカパー!4K総合」「スカパー!4K映画」が開局しました。そして2016年5月には、さらにもう1チャンネル「スカパー!4K体験」が開局、10月には同チャンネルで4KHDR(*2)放送も始まります。

そのほか、ケーブルテレビでは2015年12月1日に「ケーブル4K」が開局し、各ケーブル局が制作した4K番組が1チャンネルに編成されて全国のケーブル局で配信されています。また、IPTVの「ひかりTV」は2014年10月から4KコンテンツのVODサービスを開始、2015年11月からは4KHDRコンテンツのVODサービスと4K-IP放送を開始しています。

このような4K(BSでは4K・8K)への取り組みは、2014年に総務省が発表した「4K・8Kロードマップ」(上図1参照)に基づくもので、
CS/BSペイテレビは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて注目が集まる超高画質放送の牽引役としても大いに期待されています。

4K・8K解像度の表

(*1)4KはHD(2K)の4倍、8KはHDの16倍の解像度があり、 UHD(Ultra High Definition/超高精細)と称されている。表1参照 (*2)HDR=High Dynamic Rangeの略で、映像の持つ色の輝度幅 (ダイナミックレンジ)を拡大する技術

オンデマンド、IPリニア配信でマルチデバイス視聴へ

超高画質が国策として進められる一方、「Hulu」「AmazonPrimeVideo」「Netflix」といった米国発の大手OTTサービス事業者が日本でのサービスを相次いで開始したり、NHKの「NHKオンデマンド」や民放5局による「TVer」などネットでの番組配信サービスが始まり、PCやスマホ、タブレット等で「見たい番組を見たい時に楽しめる」オンデマンドサービスが、2015年頃から本格的に普及しはじめています。
CS/BSペイテレビは、本稿の「視聴方法」で解説している通り、DTH(スカパー!)、ケーブルテレビ、IPTVと3つのプラットフォームのいずれかに加入し、テレビで視聴します。ですが、これらオンデマンド&マルチデバイス視聴へのニーズが高まるなか、CS/BSペイテレビは、この新たな取り組みに5年ほど前から着手しています。 スカパー!は2011年から「スカパー!オンデマンド」を開始し、スカパー!加入者であれば、CS/BSペイテレビが番組単位で、PCやスマホ、タブレット等マルチデバイス視聴できるようになっています。
さらに、2016年からはIPリニア配信が開始され、チャンネル単位でもマルチデバイス視聴が可能になっています(*3)。開始当初は10数チャンネル、今年秋には50チャンネル程度がIPリニア配信されています。また、ジュピターテレコム(J:COM)をはじめとしたケーブルテレビ局や、ひかりTVでもVOD&マルチデバイスサービスをすでに開始しています。CSによる専門チャンネル配信開始から27年、CSデジタル放送開始から20年を迎えた2016年。この間、たえまない技術革新と市場ニーズに対応し、CS/BSペイテレビは、デジタル化、VOD、4K、IPリニア配信と、他の放送メディアの一歩先を行くメディアのポジションを担ってきました。これからも、より美しく・より楽しいメディアとしてさらなる展開が期待されています。

(*3)IP配信の権利処理されたコンテンツを配信

DTH 直接受信、ケーブルテレビ、 IPTV

視聴方法は3つ=DTH(直接受信)、ケーブルテレビ、IPTV

CS/BSペイテレビを視聴する方法を説明しましょう。大きく分けて、次の3つの方法があります
(上図参照)。

(1)DTH(Direct To Home/直接受信)
自宅に受信アンテナを設置し、次のプラットフォームのいずれかに加入して、見たいチャンネルやパッケージを契約して視聴します。
  1. ◆スカパー!(110度サービス)の場合:
    110度BS/CSアンテナをデジタルテレビ(3波共用)につないで視聴します。
  2. ◆スカパー!プレミアムサービス(124度/128度サービス)の場合:
    JCSAT-3およびJCSAT-4を受信するCSアンテナと、専用チューナーを設置します。
(2)ケーブルテレビ(CATV)
多チャンネルサービスを提供しているケーブルテレビ局は全国に400局以上あります。地上波・BS・CS、そして自主制作のコミチャン等を1本のケーブルで直接各家庭へ届けるうえ、インターネットや電話サービスも加えたトリプルサービスを提供しています。
(3)IPTV
「スカパー!プレミアム光」、NTTグループの「ひかりTV」、KDDIの「auひかり TV」等のIPTVサービスが、FTTH等ブロードバンド回線を通して多チャンネルサービスやVODを提供しています。各IPTV事業者専用のSTB(Set Top Box)やスティック端末とテレビを接続して視聴します。
(注)ケーブルテレビもIPTVも、チャンネル数は事業者によって異なります。

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビの普及状況

CS/BSペイテレビの加入世帯数と普及率の推移 CS/BSペイテレビの普及状況 都道府県別加入状況

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

2015年度にCS/BSペイテレビに広告出稿した業種は、アドバタイザー数の多い順に「食品」「化粧品・トイレタリー」「趣味・スポーツ用品」「交通・レジャー」「流通・小売業」でした。また、全体における割合を前年度に比べ伸ばした業種は、増加率順に「化粧品・トイレタリー」「食品」「情報・通信」となりました。1アドバタイザーが出稿するチャンネル数は年々増加しており、2015年度は平均4.4チャンネルとなりました。最もアドバタイザー数の多かった「食品」ジャンルにおいては、1アドバタイザー当たり平均8.1チャンネルと、多くのチャンネルに出稿する傾向が見られます。

都道府県別加入状況グラフ ペイテレビ広告のことが知りたい時は CAB-J

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

データに見るCS/BSペイテレビの特徴

接触率はペイテレビ加入世帯の中のパーセンテージであり、他の媒体の数値と単純に比較することはできません。
そこで、接触率(%)より実視聴世帯数の推計値を算出し、全国メディアであるペイテレビの媒体力を示してみました。
また、同じテレビを使った地上波や無料BSを含む全テレビ放送の中でのペイテレビの視聴シェアより、ペイテレビ全体の広告価値を金額換算してみました。

全国のペイテレビ視聴可能世帯数は? ※ MVP/ex(ビデオリサーチのテレビ関連調査)

全国のペイテレビ視聴可能世帯数は?

ペイテレビ広告市場のポテンシャルは?

ペイテレビ広告市場のポテンシャルは?

CS/BSペイテレビの視聴者属性

ペイテレビの視聴者属性の特徴は?

ぺイテレビ加入者は、年収が高く生活にゆとりがある
テレビをたくさん見ていてCMへの接触チャンスも多い。ペイテレビを集中して見て、CMもチャンネルを変えずに見ている様子
ペイテレビ加入者は広告をきちんと見て、ネットなどでさらに情報収集をする。新しいモノ好きなひとたちにもリーチできる媒体!

機械式ペイテレビ接触率調査

プラットホーム別世帯到達率(週平均)の時間帯推移

地上波、無料BS放送を含めた3波のテレビメテディア全体の中に占めるペイテレビ視聴のシェアは高く、お昼から深夜にかけてひろく視聴されています。

プラットホーム別世帯到達率(週平均)の時間帯推移

世帯年収別ペイテレビ加入率

世帯年収別にペイテレビの加入状況を見ると、下図のようになります。世帯年収が多いほど加入率も高まり、1,000万円以上の世帯から、
その加入率は25%を超えています。ぺイテレビは収入の多い方によく視聴されています。

世帯年収別ペイテレビ加入率

機械式ペイテレビ接触率調査 調査概要

機械式ペイテレビ接触率調査 調査概要

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

視聴者プロファイル 4つの世帯ターゲット

ターゲット世帯ごとの接触状況を機械式データで測定

CAB-Jでは、CS/BSペイテレビで特徴的な4つの「世帯ターゲット」を設定し、アドバタイザーにご出稿頂ける有用なメディアであることを表していきます。
番組接触者の世帯/個人プロファイルを鮮明に描けるよう、機械式ペイテレビ接触率調査では、
性・年齢はもとより世帯年収や所有商品などのデモグラフック項目と、購買意識や価値観などのサイコグラフィック項目も測定しています。

エグゼクティブ世帯、子育て世帯、年収1,000万円以上世帯、シニアあり世帯

分析事例 ー 1「おかしなガムボール」

【分析事例1 子育て世帯が見ているアニメ】

おかしなガムボールのキャラクター

おかしなガムボール(海外アニメ! カートゥーン ネットワーク)

2D、パペット、実写などの異なるアニメーション技法を組み合わせた、カートゥーン ネットワークオリジナルの人気アニメーションシリーズ。
主人公は青いネコの少年“ガムボール”。母は同じくネコですが、父と妹はウサギ、そして親友は進化した金魚だった・・・。 ハチャメチャな設定のキャラクターたちが、
実写の街「エルモア」を舞台に、次から次へ笑いを振りまきます。

子育て世帯の「おかしなガムボール」接触率

子育て世帯の「おかしなガムボール」接触率

18時台の「おかしなガムボール」
視聴状況

18時台の「おかしなガムボール」視聴状況

約31.8万の子育て世帯が18時台に
「おかしなガムボール」を見ている!

約31.8万の子育て世帯が18時台に「おかしなガムボール」を見ている!

「おかしなガムボール」の視聴者って・・・

「おかしなガムボール」の視聴者って・・・

視聴者プロファイル 14の個人ターゲット

個人ターゲットの活用で効率の良い出稿計画が策定できます

CAB-Jでは、新たに14の代表的な「個人ターゲット」を設定し、アドバタイザーにご出稿頂ける有用なメディアであることを世帯同様に表していきます。
多数のデモグラフック項目とサイコグラフィック項目を掛け合わせて、より精緻なプロファイルを描くことで、
アドバタイザーが求める広告ターゲットによりフィットした個人ターゲットを設定することが可能です。
14の個人ターゲットの活用で効率のよい出稿計画が策定できます。

テレビ通販ユーザー、金融商品が欲しい、国産車関心層、白物家電が欲しい トレンド先取り層、流行追っかけ層、アルコール関心層、美容関心層(女性)、健康関心層
、輸入車関心層、海外旅行好き、国内旅行好き、不動産関心層、PC・AV機器が欲しい

分析事例 ─ 2「ゴルフ中継」

分析事例 2

ゴルフシリーズ2016、マイナビABCチャンピオンシップの画像

人気コンテンツのひとつ、ゴルフ中継番組

10チャンネルで年間700本以上※の番組を放送し、ゴルフファンの支持を集めています。
「国産車」や「金融商品」に関心がある方を中心に接触率も毎年上昇中です。

ゴルフ中継番組の接触率が高まっています! 2年前の約1.3倍!

ゴルフ中継番組の接触率が高まっています! 2年前の約1.3倍!

特に土日午前中に放送される1番ホール中継なども習慣化に効果あり!

特に土日午前中に放送される1番ホール中継なども習慣化に効果あり!

国産車に関心がある人や金融商品欲しい人によく見られている!

国産車に関心がある人や金融商品欲しい人によく見られている!