活動報告

「CAB-Jセミナー2018 IN 福岡」開催

2018/11/28

CAB-Jは、CS/BSペイテレビ広告の啓蒙活動の一環として、東京地区、関西地区、福岡地区でセミナーを開催しており、福岡地区では11月21日に「CAB-Jセミナー2018 IN 福岡」を西鉄グランドホテルにて開催。当日は、広告会社やCAB-J会員社から130名が参加した。

福岡には有力なテレビ通信販売事業者が多数あることから、これまでも東京や大阪とは異なった趣向で実施してきたが、今回は別な角度から福岡地区ならではのセミナー内容で充実を図った。

冒頭の主催者を代表した鮫島会長代行の挨拶に続くセミナーは、メディアデータ委員会の森委員長による「機械式ペイテレビ接触率共同調査(RVCS)のデータ分析による最新メディアデータ」の紹介と、北九州市に本社を置くシャボン玉石けん(株) 営業本部 マーケティング部 課長の富村達也氏による講演会の二部構成とした。

セミナー後半では、富村氏から同社における商品開発から宣伝までの戦略、企業ブランディングにおけるメッセージ作成とそれにマッチさせたメディア選択、各エリア、訴求ターゲット別の商品宣伝手法について講演をいただいた。その後、富村氏の講演内容を受け、森委員長がRVCS端末で集計した同社のターゲット層が視聴している番組や視聴者数を紹介するとともに、この層に向けて広告出稿した場合の累積到達率(人数)やCPM等を披露し、CS/BSペイテレビの活用方法について提案を行なった。

セミナー後に行われた懇親会では、CAB-J滝山会長が日頃の感謝の意をお伝えした後、来賓の(株)電通九州 常務取締役 安部嘉弘氏からご挨拶、(株)博報堂 九州支社支社長代理 兼 メディアビジネス局長 杉崎正行氏から乾杯のご発声をいただき、懇親会もセミナー同様、盛大に行われた。

鮫島会長代行 森委員長 シャボン玉石けん 富村氏 滝山会長 電通九州 安部氏 博報堂 杉崎氏

【写真:左から、鮫島会長代行、森委員長、シャボン玉石けん 富村氏、滝山会長、電通九州 安部氏、博報堂 杉崎氏】

▲一覧に戻る