業界関連ニュース

    イッツコム、JCN、J:COMの3社共同で、PRイベント「渋デジ」開催

    2013-04-18

    イッツ・コミュニケーションズ(株)(イッツコム)、ジャパンケーブルネット(株)(JCN)と(株)ジュピターテレコム(J:COM)の 3 社は 4/13(土)、14(日)の 2日間、東京・渋谷で、多チャネル放送の多彩なコンテンツ訴求やスマートTV等の体験を通して、ケーブルテレビの認知向上を図るイベント「渋デジ!2013~SHIBUYA TV festival」を開催した。
    会場は、3月16日に地下に移転したことで現在空きスペースとなっている旧東急東横線渋谷駅の跡地「SHIBUYA ekiato(エキアト)」。かつて4本あったプラットフォームに、主催3社のPRブースや、映画、音楽、スポーツ、アニメ等の各専門チャンネルのブース、また、音楽やお笑いライブが行われる特設ステージが設けられ、終日にぎやかなイベントが展開し、多くの来場者でにぎわった。
    イッツコムは「渋デジ駅 ブース」を設置し、渋谷駅をイメージしたゲームや、日本デジタル配信(株)と共同でタブレットを活用したケーブルテレビの体験コーナーを設けた他、イッツコムが運営しているプレミアムチケット販売サービス「PONiTS(ポニッツ)」で通常 web限定で゙販売しているグルメやコスメ商品をブース販売した。
    JCN と J:COM は、KDDI 協賛による「CATV×au スマートバリューブース」を設置し、多チャンネル放送やインターネット等のサービスを紹介。auスマートフォンの最新機種が並べられ、実際に手に取ってアプリケーションが体験できるタッチ&トライの場や、KDDI がケーブルテレビ向けに開発し、現在JCNで商用サービスを開始している「Smart TV BOX」の展示等では、若者をはじめ多くの来場者が熱心に操作していた。
    また、特設ステージでは、若い女性を中心に渋谷で大人気の「Milky Bunny(益若つばさ)」や人気アイドルグループ「スマイレージ」の音楽ライブや、「トータルテンボス」や「ハリセンボン」「ハイキングウォーキング」等によるお笑いライブが行われ、多くの観客が集まった。このイベントの模様は、主催3社がそれぞれ生放送もしくは収録放送。東京のエンタテイメントシティ渋谷から、“ケーブルテレビのある暮らし”の楽しさを発信した。

  • ▲ページTOPへ