業界関連ニュース

    J:COM、ケーブル局向けFTTHネットワーク監視サービスを開始

    2014-08-28

    (株)ジュピターテレコム(J:COM)は9月1日より、全国のケーブルテレビ局向けに、FTTHネットワーク監視サービスの提供を開始する。


    同サービスは、提供先ケーブル局のユーザー宅に設置されたONUやSTB、ケーブルモデムなどの双方向端末の状態を監視することで、ケーブルテレビ幹線設備を監視するサービス。すでにケーブル局に提供していたHFCネットワーク監視システムをベースに、複数のFTTHネットワーク機器メーカーに対応した新たな監視サービス「Alchemist(アルケミスト)」を開発。これによりケーブル局はHFCとFTTHの一元監視が可能となる。
    またJ:COMのネットワークオペレーションセンターが24時間365日監視し、エンジニアが設備障害の検知と障害切り分けに必要な情報収集や、障害エリア・原因の早期特定を行うことで、障害発生時の復旧時間短縮を可能とする。


    J:COMの新監視サービスは、9月1日より、(株)上田ケーブルビジョン、(株)ケーブルテレビ富山、飯能ケーブルテレビ(株)の3社が採用。また今年度中に、射水ケーブルネットワーク(株)、東近江ケーブルネットワーク(株)へも提供を開始する。

  • ▲ページTOPへ