CS/BSペイテレビ広告とは

CS放送は200以上ものチャンネルがあり、そのほとんどが有料放送であります。またBS放送でも数多くの有料放送が行われております。 CS/BSペイテレビは、ペイテレビ、専門チャンネルとも呼ばれ、現在、日本の総世帯数の25.8%の1,381(2017月末現在)に普及しています。 映像のハイビジョン(HD)化もすでに多くのチャンネルが対応しており、高画質映像を楽しむことができます。

現在、68チャンネルがCAB-Jに加盟し、CS/BSペイテレビの認知度向上と普及に努めています。

CS/BSペイテレビ広告の特徴と可能性

CS/BSペイテレビの特徴は何と言っても、各チャンネルが映画・ドラマ・音楽・スポーツなどのジャンルに特化した専門性を有していることであり、各チャンネルが、はっきりとした視聴者属性を持つという『メディア特性』を有しています。そのため、CS/BSペイテレビは、チャンネルロイヤルティの高い能動的な視聴者層、全国各地の富裕層、情報発信力を備えた感度の高い人たちに親しまれております。CS/BSペイテレビは、衛星多チャンネル放送サービスのスカパー!や全国各地のケーブルテレビ、IPTV等を通じて日本全国へ広くリーチしています。
また、CS/BSペイテレビ放送は、柔軟性のある編成と番組、CM制作機能を有し、親和性の高いオリジナル番組とCMのコラボレーション、そして地上波では難しい長尺CMの放送にも対応しています。 CM以外でも、イベント連動企画、ソーシャルメディアとの連動事例、CM映像の他メディアへの二次利用など、大きな可能性を秘めたメディアであるということができます。このようにCS/BSペイテレビ広告は“優良”メディアなのです。

CS/BSペイテレビの詳細を以下からご覧いただけます。

CS/BSペイテレビの基礎解説 〜歴史〜

CS/BSペイテレビは常に時代のトップランナーです

CS/BSペイテレビとは、その名称通り「料金を支払って視聴する、CSおよびBSテレビ放送の総称」です。CSはCommunication Satellite (通信衛星)、BSはBroadcasting Satellite(放送衛星)の略で、現在CS3機(JCSAT-3A、4B、 110A)、BS1機(BSAT)の計4機の衛星を使って、合計240チャンネル程度放送されています。
いうまでもなく、地上波(地デジ)や無料の民放系BSデジタル放送とは異なるものです(NHKは受信料を支払って視聴しますが、ここではペイテレビのカテゴリーに属さないものとします)。2011年に開始されたBSでの有料放送(約20チャンネル)は、その大半がCSデジタル放送事業者による専門チャンネルのため、それらを含めて「CS/BSペイテレビ」と称されるようになりました。
衛星テレビ広告協議会(以下CAB-J)は、これらCS/BSペイテレビの広告価値向上と利用促進等を目的に活動しており、当初は有料CS放送のチャンネルのみで構成されていましたが、2010年以降は有料BS放送のチャンネルも加わり、現在68チャンネルで構成されています。 CS/BSペイテレビはDTH(アンテナによる直接受信)やケーブルテレビ、IPTV等で視聴でき、現在、日本の総世帯数の25.8%に当たる1,381万世帯(2017年6月末現在)に普及しています(P6参照)。有料放送で専門性の高いチャンネルが多いことから、視聴者ターゲットが明確で、富裕層に支持され、アクティブな視聴者が多いのが特長です。

CS/BSペイテレビの基礎知識 〜視聴方法〜

CSアナログ放送からデジタル放送へSDからHD、そして4K・8K HDRへ

CSペイテレビは、1989年にCSを利用してケーブルテレビ向けに専門チャンネルを配信したのが、その始まりです。
その後、1992年にCSアナログ放送が開始、1996年からはMPEG-2方式で日本初のCSデジタル放送「パーフェクTV!(スカパー!の前身)」が始まりました。
当初はSD (標準画質)でしたが、2008年からはHD(高精 細度)による「スカパー!HD」がスタート。2012年10月からH.264方式を採用してさらにデジタル圧縮効率を上げ、HD化・多チャンネル化を進めてきました。

そして2014年5月末をもってMPEG-2によるSDの多チャンネル放送が終了し、その空いた帯域で、同年6月からHDの約4倍高画質である4K試験放送「Channel 4K」が始まりました。この試験放送を経て、2015年3月1日にはスカパー!プレミアムサービスで2つの4Kチャンネル「スカパー!4K総合」「スカパー!4K映画」が開局し、さらに2016年5月には「スカパー!4K体験」が開局、10月からは同チャンネルで4K HDR放送も始まりました(表1参照)。

そのほか、ケーブルテレビでは2015年12月1日に「ケーブル4K」が開局し、各ケーブルテレビ局が制作した4K番組が1チャンネルに編成されて、全国のケーブル局へ配信されています。 IPTVの「ひかりTV」は2014年10月から4KコンテンツのVODサービスを開始、2015年11月からは4K HDRコンテンツのVODサービスと4K-IP放送を開始しています。

さらに2018年12月には、BS/110度CSを使った4K・8K実用放送が開始予定となっています(表2参照)。この4K・8K実用放送開始を機に、4K・8K放送チューナー内蔵テレビやSTBが市場に登場し、家庭内での4K・8Kテレビ視聴が本格普及すると期待されています。

このような高画質化への取り組みは、総務省により整備された「4K・8K推進のためのロードマップ」に基づくもので、CS/BSペイテレビは、 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて注目が集まる超高精細度テレビジョン放送の牽引役としても大いに期待されています。

4K・8K解像度の表

CSテレビの種類と視聴方法

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビの普及状況

CS/BSペイテレビの加入世帯数と普及率の推移 CS/BSペイテレビの普及状況 都道府県別加入状況

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビへの出稿調査業種構成比

2016年度にCS/BSペイテレビに広告出稿した業種は、アドバタイザー数の多い順に「食品」「化粧品・トイレタリー」「趣味・スポーツ用品」「交通・レジャー」「流通・小売業」と昨年と同順位となりました。アドバタイザー数は年々増加傾向にあり、特に「食品」「流通・小売業」「精密機器・事務用品」に顕著な伸びが見受けられます。また、1アドバタイザーが出稿する平均チャンネル数は4.3チャンネルとなりました。中でも1アドバタイザー当たりの出稿チャンネル数が多かったのは「流通・小売業」で平均7.6チャンネル、「食品」で平均6.6チャンネルと、多くのチャンネルに出稿する傾向が見られます。

都道府県別加入状況グラフ

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビのポテンシャル

ペイテレビの普及状況と機械式ペイテレビ接触率調査を使い、実視聴世帯数を推計し、全国メディアであるペイテレビの媒体力を示しました。 また、同じテレビを使う地上波放送や無料衛星放送を含め全テレビ放送の中でのペイテレビの視聴シェアを算出することで、ペイテレビ全体の広告価値を金額 換算しました。

全国のペイテレビ視聴可能世帯数は? ※ MVP/ex(ビデオリサーチのテレビ関連調査)

全国のペイテレビ視聴可能世帯数は?

ペイテレビ広告市場のポテンシャルは?

ペイテレビ広告市場のポテンシャルは?

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビの視聴者プロファイル

ペイテレビの視聴者属性の特徴

ぺイテレビ加入者は、年収が高く生活にゆとりがある
テレビをたくさん見ていてCMへの接触チャンスも多い。ペイテレビを集中して見て、CMもチャンネルを変えずに見ている様子
プラットホーム別世帯到達率(週平均)の時間帯推移
世帯年収別ペイテレビ加入率

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ

CS/BSペイテレビの接触率調査

ペイテレビ加入者は広告をきちんと見て、ネットなどでさらに情報収集をする。新しいモノ好きなひとたちにもリーチできる媒体!

▲CS/BSペイテレビの紹介メニューへ