インタビュー(2016メディアデータブックより)

  1. 株式会社オークローン
    マーケティング様
  2. 長島観光開発株式会社様

番組で使用した恐竜標本を世界初展示 CM等の放送で集客に成功

ナショナル ジオグラフィック(以下ナショジオ)の協力でイベントを開催されたとのことですが、その概要を教えてください。

木村:2016年3月19日~5月8日の期間、弊社の運営するアミューズメントパーク「ナガシマスパーランド」で、「世界初!ティラノサウルス大解剖・恐竜大発見展」を開催しました。
メイン展示のティラノサウルスの標本は、ナショジオの番組『世界初!恐竜大解剖』で使用されたものです。この標本は全長13mの等身大で、特殊メイク界最高峰のジェズ・ギブソン・ハリス氏と古生物学者たちによって復元されました。そのリアルさは、とてもクオリティが高いものでした。今回ナショジオのご協力により、これを世界で初めて展示させていただきました。
他にも全長12mのティラノサウルスの全身骨格レプリカの展示や、小さなお子さまにも楽しんでいただけるように動くティラノサウルスも展示し、大人からお子さままで幅広い年齢層のお客さまにご満足いただけるイベントとなりました。
もちろんフォトスポットやグッズも充実していましたし、期間限定ではありましたが、兵庫県立人と自然の博物館の協力のもと、化石発掘体験も実施させていただきました。

ナショジオでプロモーションも実施されたとのことですが、その内容を教えてください。

木村:「恐竜アワー supported by ナガシマスパーランド」と題した特別編成で、『世界初!恐竜大解剖』をはじめとするさまざまな恐竜番組を放送していただきました。番組はお子さまにも楽しんでいただけるよう、イベント期間中の毎週日曜日に放送していただき、より恐竜への関心を高めていただきました。また、その中でCMを流すことで、イベント誘致へとつなげていただきました。
イベントのCM制作にもご協力いただき、ナショジオの持つ迫力のある映像を使用させていただけたので、アカデミックかつユーモアのあるCMを制作することができました。一番良かったと思うのは、番組で使用した等身大のティラノサウルスや臓器に至るまでの標本をイベントで使用させていただけたことです。

プロモーションの狙いは、どのようなところにあったのでしょうか。

木村:全国の皆さまにナガシマスパーランドと今回のイベントを広く認識していただくことを第一に考えていました。ナショジオでの番組提供や、恐竜関係の番組にCMを流すことで、幅広い地域の恐竜好きのお客さまにアプローチできると感じていました。

実際にプロモーションを実施されての評価や感想をお聞かせください。

木村:放送していただいたCM本数も多く、弊社にとっては大変良いプロモーションになったと考えています。何より今回のイベントが大成功をおさめましたので、プロモーションの効果は狙い通りに得られたと思います。

CS/BSペイテレビに対して感じた魅力や、今後期待されること、実施してみたい企画などがございましたら教えてください。

木村:今回はナショジオと一緒にイベントを実施させていただきましたが、クオリティが非常に高く、これからもアカデミックなイベントを実施しながら、一緒にプロモーションをお願いすることも多くなると思っています。

ナショナル ジオグラフィック

ナショナル ジオグラフィックにて171カ国で放送された番組『世界初!恐竜大解剖』に登場したティラノサウルスの標本(全長13m)を、2016年3月19日~5月8日にナガシマスパーランドで開催された「世界初!ティラノサウルス大解剖・恐竜大発見展」において企画展示。また兵庫県丹波市と兵庫県立 人と自然の博物館の協力のもと、小学生以下の子どもを対象とした化石の発掘体験も開催しました。オンエアではイベント期間中、「恐竜アワー」を特別編成。イベント告知CMも制作し、ナショナル ジオグラフィックだけでなく、他メディアにも展開しました。

話題を呼んだ「世界初!ティラノサウルス大解剖・恐竜大発見展」
長島観光開発株式会社
業種:レジャー施設
広告会社名:ONE and ONLY PARTNERS株式会社
展開キーワード:番組提供、CM制作、イベント、レポート番組制作