広告事例一覧 (2015年メディアデータブック)

タイプ別 全 て 制 作 提 供 インフォ イベント
クロス キャン展 二 次 その他

【二 次】制作した映像素材を店頭やイベント等で二次利用作

アニマックス
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
各社[ゲーム、ゲーム周辺機器・サービス]
●展開商品:ゲーム各種・ゲーム周辺機器
●広告会社:電通 他
●協力:KADOKAWA 他

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


「TV番組で唯一の、バラエティー演出に偏らない、プロモーション・オリエンテッドの本格的なゲーム情報番組を立ち上げたい」という目標を掲げ、2012年7月にゲーム情報番組『ゲーム★マニアックス』がスタートしました。番組スタート当初から、アスキーメディアワークス(現KADOKAWA)の電撃ゲーム編集部にプロジェクトの主旨をご理解いただき、「ゲームの電撃」完全監修の下に番組を制作しています。取り扱うゲームも、コンソール系、アプリ系、オンライン系、それにゲーム周辺機器と多岐に渡っています。
本プロジェクトは広告売上向上の他、ゲーム系企業との強固な関係構築と彼らとの付き合いの中から生まれる新しいビジネス・シーズの発見に寄与してくれており、我々の新しいビジネス開拓にも大きく貢献しています。2015年7月に番組が4年目に突入しました。

▲ページTOPへ
MUSIC ON! TV
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
各社[情報通信、音楽配信サービス、電子機器]
●展開商品:uP!!!、MUSIC UNLIMITED、ヘッドマウントディスプレイ
●広告会社:電通、各社

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


「リスアニ!LIVE - 5 」は、2010年に創刊した雑誌「リスアニ!」をきっかけに、Web、テレビ番組、配信番組、トークイベントなど大小さまざまなコンテンツを展開している総合アニメ音楽メディア“リスアニ!”の中でも、最も大規模なイベントです。2010年にスタートし、5年目の今回も日本武道館2DAYS公演を2015年1月24日・25日に開催、チケットは即日ソールドアウトで大盛況でした。
イベントチケットの販促キャンペーン利用、会場での映像上映やフライヤーのサンプリング配布、クライアント特設Webでのオリジナルコンテンツ展開、限定オリジナルグッズのプレゼントや、一部のアーティストでのライブ映像の二 次利用など、さまざまな展開を実施。協賛各社の皆様のブランディング、販促キャンペーンにご活用いただきました。

▲ページTOPへ
キッズステーション
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
バンダイ[玩具]
●展開商品:妖怪ウォッチ とりつきカードバトル

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


『妖怪ウォッチ』ジバニャンの声優を起用した「ホビッチョ!」を制作・放映。妖怪ウォッチ製作委員会メンバーならではの制作機能を活用した展開を実施しました。また、イベントでの二次利用も行いました。

▲ページTOPへ
J SPORTS
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
エレクトロニック・アーツ[ゲーム]
●展開商品:FIFA15

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


J SPORTSが誇る人気サッカー番組『デイリーサッカーニュースFoot!』と世界中で大人気のサッカーゲーム「FIFA15」によるコラボレーションが実現。「TOKYO GAME SHOW2014」のエレクトロニック・アーツブースにてイングランドプレミアリーグと「FIFA15」をテーマにしたトークショー及び特別番組『EA SPORTS presents デイリーサッカーニュース Foot!特別版』の公開収録を実施。J SPORTSがトークショーの運営、告知から集客まで全面的にバックアップしました。
また特別番組の放送のみならず、WEB用の動画も制作しクライアントサイトにて配信。「TOKYO GAME SHOW」におけるブースの盛り上げだけでなく、多面的な展開を行うことでサッカーファンの話題喚起を促すことができました。

▲ページTOPへ
J SPORTS
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
さいたまクリテリウム実行委員会[官公庁]
●展開商品:行政イベント促進
●広告会社:博報堂DYメディアパートナーズ
●協力:ジュピターテレコム、ジェイコムさいたま

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


埼玉県さいたま市で開催された世界でも類をみない「ツール・ド・フランス」の名を冠する自転車競技イベント「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を、J:COMのコミュニティチャンネルと共同で生中継しました。自転車レースの世界最高峰のレースである「ツール・ド・フランス」などで活躍する世界トップクラスのサイクルロードレースの選手たちの走りと10万人以上の観客の興奮を、国内・海外のサイクルロードレースを多数放送してきた実績を生かしたJ SPORTSならではの中継を行うことができ、全国の自転車ファンにご満足いただくことができました。
またこのレースの模様をサイクルロードレースでは初となる4Kで収録。4K番組をNexTV-Fが運営する「Channel 4K」で配信をし、レースのスピード感のみならず、4Kの特性を生かした高解像度シネマレンズで「ワイドな映像」と「観客目線に近い映像」からの撮影を含めた圧倒的な臨場感をお伝えしました。

▲ページTOPへ
チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
米澤式健顔[美容]
●展開商品:美容施術

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


埼玉県さいたま市で開催された世界でも類をみない「ツール・ド・フランス」の名を冠する自転車競技イベント「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を、J:COMのコミュニティチャンネルと独自の美容法で女性シニア層に人気の「米澤式健顔」の知名度アップ、健顔の良さを映像として幅広く広めたいというスポンサーニーズのもと、シニア層をターゲットにしたチャンネル銀河で長尺のインフォマーシャル(15分・5分)を制作・放送しました。
また、それらの映像をチャンネル銀河公式YouTubeへアップし、放送を補完しました。

▲ページTOPへ
スペースシャワーTV
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
マルカイコーポレーション[商社]
●展開商品:ZIPPO
●広告会社:バッカス

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


アーティストコラボレーションモデルZIPPOの制作企画と、クライアントがコラボレーションするミュージックビデオ「CMV」(Collaborated Music Video)企画を行いました。2013年12月にThe Birthday、2014年8月にSiM、12月にTHE BAWDIES、2015年2月にONE OK ROCKと、継続的にコラボレーションを実施。コラボモデルZIPPOはアーティストのオフィシャルグッズにラインアップし、アーティストとスペースシャワーTVの双方から告知を行い、マーチャンダイズ(MD)企画として好評を博しました。また、スペースシャワーTV最大の音楽イベント「SWEET LOVE SHOWER 2015」でもブースを設置して、来場者へのZIPPOデザインの募集やミサンガ制作などのワークショップを展開し、ダイレクトなプロモーションを実施しました。

▲ページTOPへ
ヒストリーチャンネルTM
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
壽屋[趣味用品]
●展開商品:侍箸
●広告会社:塚元達彦事務所

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


ヒストリーチャンネルでは4月6日「城の日」にあわせて『特別企画:日本の古城を巡る旅』を、また5月には『特集:大坂夏の陣から400年~真田幸村 最後の戦い』を放送。これらと親和性の高い壽屋の商品「侍箸」のスポットを制作し、特集番組に集中してCMを投下。CMは侍箸の公式WEBサイトや店頭、イベント会場などでも使用いただき、相乗効果を図りました。
また、壽屋オリジナル制作によるヒストリーチャンネルロゴ入り箸置きをつけた「侍箸プレゼントキャンペーン」も同時展開。城・戦国時代をテーマに、商品と放送を連動させた企画ができました。

▲ページTOPへ
ムービープラス
クライアント名、または商品名[クライアント業種]
FCAジャパン[自動車]
●展開商品:アルファ ロメオ
●広告会社:シバンズ
●協力:映像産業振興機構(VIPO)

制 作

提 供

インフォ

イベント

クロス

キャン展

二 次

その他


「I WANT ALFA ROMEO, I LOVE CINEMA」というプロジェクトを立ち上げ、歴代のアルファ ロメオが登場する名作映画を振り返りながら、8名の若手監督がアルファ ロメオのプレイスメントされた完全オリジナルショートムービーを制作。順次同社ブランドサイトで公開した後、8作品の中からグランプリを決定するアワードイベントを開催しました。イベントゲストにブランドアンバサダーである女優の長澤まさみさんが登場し、トークショーも実施。一連の流れをムービープラスで番組化しオンエアした後、同社サイトでも二次利用しました。

▲ページTOPへ