活動報告

「CAB-Jセミナー2018」開催

2018/10/18

CAB-Jは、10月3日に「CAB-Jセミナー2018」を東京ドームホテルにて開催した。今年は、広告会社や各協会・プレス関係者等、合計474名が参加した。

セミナーに先立ち、鮫島会長代行が挨拶を行い、6年連続でCAB-J売上高200億円を突破したことを報告するとともに、広告会社およびアドバタイザーへの感謝の意を表した。

CAB-Jは、現在接触率調査を初めとしたデータ強化を進めており、今年4月には機械式ペイテレビ接触率共同調査(RVCS)の調査地区を関東・関西に加えて名古屋・北部九州・札幌の5地区に、調査週も52週(365日)へと拡大している。

第一部のセミナーでは、メディアデータ委員会の森委員長が実際の接触率やリーチ率等について説明。実例として、今年6月第2週目の調査によると、毎週約916万世帯、約2,263万人にリーチし、24時間平均すると常時約57万世帯に視聴されているメディアであり、個人視聴ベースで見ると、常時約82万人に視聴されているメディアであることを説明した。また、RVCSでは、「世帯215項目、個人1,370項目のプロフィール調査を実施。通常の視聴率調査は、年齢・性別のデモグラフィックしか把握できないが、RVCSでは、消費者の意識や欲求商品なども網羅し、さまざまな視聴者属性ごとの接触人数等が算出できるため、アドバタイザーが求めるターゲットの視聴状況(視聴者数)が把握できる点を強調した。

セミナー後半では、初の取り組みとして、資生堂ジャパン(株)メディア統括部長の小出誠氏と、月刊『宣伝会議』編集長の谷口優氏のお二人による講演会を開催した。 小出氏は、「現在資生堂は、企業ブランドから商品ブランドごとの価値を高める戦略へとシフトしており、ブランドごとに最適なメディアを選択し、プロモーションすることが大切。そのためには、ターゲティングの精度を上げることであり、データの充実が必要」とした。 資生堂は、50代以上の女性をターゲットとしたブランド「プリオール」のCMを、これまで無料BS放送のみに出稿してきたが、今年6月のキャンペーンではCS放送にも初出稿。その結果、レスポンスはBS局1位よりも上回る効果を得たと発表。ジャンル別では、韓国ドラマ、海外ドラマ、国内ドラマ等のジャンルが強く、「CSは想定以上に効率が良いメディアであり、今後の出稿も検討できる。また、(CAB-J発行の)『CS/BSペイテレビ メディアデータブック 2018-2019』に掲載されている広告事例やデータの充実度を知って大変驚いている。ここまでデータの整備されているのであれば、CS/BSペイテレビ広告の特長をもっと知らしめたほうがいい。各ブランドと相性の良い番組とコラボしたCMやプロダクトプレイスメントなど、活用の可能性はあるのではないか」との評価と貴重なアドバイスをいただいた。

引き続き、第一部の最後には、総務・広報委員会の須藤委員長が、CAB-Jホームページの最新情報やスマホ対応について紹介を行った。

第二部懇親パーティでは、滝山会長が日頃の感謝の意をお伝えした後、来賓の総務省情報流通行政局 衛星・地域放送課長 井幡晃三氏と、(株)電通 ラジオテレビ局 局長補(兼)衛星メディア1部長の小倉荘司氏からご挨拶、(株)博報堂DYメディアパートナーズ テレビタイムビジネス局 局長代理の西村祐一氏から乾杯のご発声をいただき、懇親パーティもセミナー同様、盛会の内に幕を閉じた。

鮫島会長代行 森委員長 須藤委員長 資生堂ジャパン 小出氏 「宣伝会議」編集長 谷口氏

【写真:左から、鮫島会長代行、森委員長、須藤委員長、資生堂ジャパン 小出氏、「宣伝会議」編集長 谷口氏】

司会の宇垣TBSアナウンサー 滝山会長 総務省 井幡氏 電通 小倉氏 博報堂DYメディアパートナーズ 西村氏

【写真:左から、左から、司会の宇垣TBSアナウンサー、滝山会長、総務省 井幡氏、電通 小倉氏、博報堂DYメディアパートナーズ 西村氏】

▲一覧に戻る